サイト内検索

 

山形県最上地域の観光情報

最上地域観光協議会ウェブサイト


新庄市・金山町・最上町・舟形町・真室川町
・大蔵村・鮭川村・戸沢村

 

瀬見温泉

義経のロマン薫る伝説の湯
瀬見温泉2瀬見温泉小国川の清流に沿って軒を連ねた風光明媚な瀬見温泉には、源義経・武蔵坊弁慶に関する伝説が数多く残されています。この温泉を発見したのも、1187年(文治3年)兄・頼朝に追われて平泉を目指していた義経一行だと伝えられています。義経の子・亀若丸誕生の折り、産湯をつかわせる場所を探していた弁慶が、岩陰から立ちのぼる湯の煙を見つけ、持っていた薙刀「せみ王丸」の石突きで掘ったと伝えられる温泉です。 


[泉質] ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
[泉温] 67.3度
[効能] 神経痛・慢性婦人病・慢性皮膚病・痔疾・動脈硬化症など

■問/最上町交流促進課 TEL 0233-43-2111


 

ふかし湯

瀬見温泉街の中心にある、共同浴場で公民館の1階が共同浴場とふかし湯。ふかし湯の部屋は板の間の暖かい部屋になっており、木の枕がありそれで湯気穴をふさいでいます。


■問/瀬見温泉旅館組合 TEL 0233-42-2123
 

薬研の湯

産湯を探して谷川を下った弁慶が、川辺に湯煙を見つけ、なぎなたで岩を砕いたとされる天然の岩風呂です。





■問/瀬見温泉旅館組合 TEL 0233-42-2123