春のイベント情報夏のイベント情報秋のイベント情報冬のイベント情報
 
7月

ひじおりの灯

【大蔵村】  7月下旬~9月中旬

じおりの灯東北芸術工科大学の学生が作製した灯籠が肘折温泉の各旅館や商店の玄関前に設置され、温泉街を彩ります。

 

肘折温泉開湯祭

                                           【大蔵村】  7月中旬

の神に感謝し、長い間温泉を守ってきた先人たちの偉業を讃えます。


 

棚田・ブナ林巡りツアー(ガイド付き)

  
                  【大蔵村】 7月上旬~10月上旬

本の棚田百選「四ヶ村の棚田」、貴重な水生植物が生息する「長沼」、鮮やかな緑が美しい「ブナ林」を巡ります。四季折々の自然の美しさを感じてください。
 

赤倉温泉スキー場 天空の湯

【最上町】 7月下旬~8月下旬

倉温泉スキー場 天空の湯
夏の日曜日、赤倉温泉スキー場標高560mの第一リフトから絶景を眺めながらの野天風呂が楽しめます。天上の雲を間近に見つつ、地上の景色を遥かに見下ろし浸かる湯は、まさに天空の野天風呂。ぜひ、一度ご体験下さい。


 

白山神社祭

【戸沢村】 8月16日~8月17日

レノ歌は古口白山神社の祭礼で、神輿渡御行列が地区内を一巡する際に歌われる。ヤレノ歌の歌詞は、一般的な祝い歌で、庄内藩主が参勤交代のため最上川をさかのぼる際に歌った「御船歌」と新庄まつりの囃子が結び付き、明治時代中期に始まったといわれる。

 

 

津谷神社祭

【戸沢村】 8月19日・8月20日

から約270年前の江戸中期に始まった津谷神社祭りは、ライトアップされた山車が地区内を練り歩き、古式ゆかしい御神輿渡御、津谷神社で舞う津谷大々神楽の奉納で幕を閉じる。
 
8月

金山まつり

【金山町】  8月14日~16日  
やかな山車やお神輿が町を彩る金山の夏祭り。最終日には大花火大会が開催され、まつりのフィナーレを飾ります。
金山まつり
 

真室川まつり

【真室川町】  8月16・17日 
神様を祀ったお神輿、真室川音頭に合わせた踊子約500人のパレード、盆踊り、大花火大会等。
真室川まつりパレード
 

瀬見温泉まつり

【最上町】   8月下旬~9月上旬

見温泉の湯前神社の祭礼。義経・弁慶の供養祭もとり行われます。伝統芸能の瀬見小唄や、勇壮な音色の義経・弁慶太鼓が東北の短い夏を彩ります。

 

肘折温泉湯坐神社祭

【大蔵村】 8月中旬


の神様である湯坐神社(薬師神社)のお祭り。16日は仮装盆踊り大会、17日は灯篭流し、20日は相撲大会とのど自慢大会、歌謡ショーがおこなわれます。


 

赤倉温泉夏祭り

【最上町】 8月中旬

年おまつり広場で開催される盆踊りは、素朴であたたかな地元のお祭りです。祭パレード・盆踊り・打ち上げ花火などを行います。


 

ふながた女神の丘縄文炎祭

【舟形町】     8月第1土・日曜
成4年に舟形町で発掘された「縄文女神」を活用して、まちおこしをしたいと考えた若者グループによる野焼きと炎を主体としたイベントである。


 

あじさいまつり

【新庄市】 7月上旬

じさいコンサート、金魚すくい、写真撮影会、野点茶会、ふれあいワンワンパーク、新庄チンドン団、朝取れ野菜・花の直売など盛りだくさんの内容です。

 

真室川音頭全国大会

【真室川町】  未定      
室川音頭は山形県を代表する全国的に有名な民謡です。全国各地から集まった参加者が自慢の喉を競います。



 

猿羽根山地蔵尊祭礼

【舟形町】  8月24日 
勝猿羽根山での奉納花相撲大会。

猿羽根山地蔵尊
 

庭月観音灯ろう流し

【鮭川村】  8月18日      
庭月観音灯ろう流し
仏式としては東日本最大の規模といわれ、御詠歌とと もに川面を流れる幾千もの灯ろうはまさに幻想的。
 

四ヶ村の棚田ほたる火まつり・コンサート

【大蔵村】 未定


本の棚田百選の地でのオカリナのコンサート。棚田に広がる1200本のほたる火とオカリナの音色で、夏の夜を幻想的に演出します。

 

前森高原サマーフェスティバル

【最上町】  8月15日 
産品の出店屋台のほか、ソーセージ釜揚げ見学ツアー、体験乗馬、熱気球の大空散歩、イワナつかみどり、ダーツゲームなど。

前森高原
 

新庄まつり

【新庄市】  8月24~26日 
の歴史は古く、今から250年以上前の江戸中期までさかのぼります。宝暦6年(1756)、時の藩主・戸沢正諶(とざわまさのぶ)が、前年の大凶作にうちひしがれている領民に活気と希望を持たせ、豊作を祈願するために、戸沢氏の氏神である天満宮の祭典を領内あげて行ったのが起源とされます。
本まつり宵まつり・本まつりに豪華絢爛を競う日本一の山車(やたい)パレード、古式ゆかしい神輿渡御(みこしとぎょ)行列、新庄城跡で舞われる風雅な萩野・仁田山鹿子踊。藩政時代をしのばせる歴史絵巻が次々と繰り広げられるさまは必見!まつり囃子が響く中、四方から湧き上がる熱気と興奮が新庄のまちを包み込みます。
 24日〔宵まつり〕山車パレード(ライトアップ)など
 25日〔本まつり〕神輿渡御行列、山車パレードなど
 26日〔後まつり〕鹿子踊奉納(最上公園)、街中鹿子踊など

 

大蔵村納涼花火大会

【大蔵村】 8月9日



蔵村清水地区の最上川河川敷で開かれる「大蔵村納涼花火大会」。約2000発の花火は、大迫力です。花火のほかにも、キッズダンスや抽選会もあります。


 

奉納・萩野・仁田山鹿子踊

【新庄市】 8月26日

庄市北部の集落に伝わる民俗芸能で、8月26日の新庄まつりに新庄城址(最上公園)内で
戸沢神社と護国神社に奉納されています。



 

ホタル見学ツアー

【最上町】 7月上旬~8月上旬


らかな水辺にひと夏の恋のイルミネーション。気が付けば誰もが夢中になって淡い光の軌跡を追っている、そんな幻想的なホタルスポットへご案内。水辺を吹く風は天然のクーラー、夕涼みにも最適です。

 

瀬見せせらぎ灯ろう

【最上町】 8月中旬


暮れの小国川河畔に灯ろうを灯し、お盆期間に訪れるお客様に楽しんでいただきます。小国川のせせらぎを聞きながら、川面に映る灯ろうの揺らめきに、過ぎ行く東北の夏を想う。浴衣を羽織っての夕涼みは、なんとも言えない贅沢な時間です。