巨木の定義

『日本の巨樹・巨木』(環境庁刊)には、「地上から約130cmの位置での幹周が300cm以上の樹木。
なお、地上から130cmの位置において幹が複数に分かれている場合には、個々の幹の幹周の合計が300cm以上であり、そのうちの主幹が200cm以上のものとする」と定義されています。

※「巨木・名木一覧」には巨木の定義に当てはまらない「名木」も含まれています。
 

もがみの巨木・名木一覧

巨木・名木一覧
検索検索
123456










123456