最上峡 草薙温泉

恵まれた自然が生む旅館料理は別格
最上峡草薙温泉最上川舟下りの終点船着場付近に旅館が建っており、最上峡のほぼ中間でもっとも景色のよいところにあります。草薙温泉は、明治12年(1879)、現在の国道47号である新道を開削した時に湧出したもので、この時、新道開削をすすめた県令・三島通庸が「草薙」と名付けました。


[泉質] 含食塩重曹硫化水素泉
[泉温] 25度
[効能] リウマチ性疾患・糖尿病・皮膚病など


■問/戸沢村産業振興課 TEL 0233-72-2111