公式SNS始めました!

お気に入りリスト
とりもつラーメン
Pickup

  • とりもつラーメン


    とりもつラーメン

    新庄最上地方のご当地ラーメンと言える「とりもつラーメン」。 新庄市では鶏のモツ煮込みはお祝いの席で振る舞われる料理でした。これは食材を余すことなくいただくというありがたみの食文化を伝えるものです。とりもつラーメンはあるお店で別々に提供していたラーメンと鶏のモツ煮込みを常連のお客さんが一緒にしてメニュー化するようにすすめたことから出来たラーメンだと言われています。
    とりもつラーメンは、鶏ガラベースの定番の醤油ラーメンに、よく煮込まれた鶏モツのコクがマッチして絶妙な味わいがあります。ぜひお試しを!

    Information

    もがみ情報案内センター
    TEL:0233-28-8881
  • 最上早生 そば


    最上早生 そば

    もがみ地方にて、古くから栽培されてきた在来種を選抜し生産されてきた美味しいそば「最上早生」。香りが高く、甘味とこしの強さが特徴で山形県奨励品種にも認定されています。現在では、山形県のそば作付面積の約4割を占めてます。

    Information

    新庄観光協会
    TEL:0233-22-2340
  • 最上伝承野菜


    最上伝承野菜

    最上地域には古くから栽培されている野菜が今もなお多く栽培されています。
    その中でも以下の基準にあったものを「最上伝承野菜」と呼んでます。

    1.最上地域の特有で概ね昭和20年以前から存在していた野菜・豆類など
    2.現在も最上地域で栽培され、自家採種しているもの
      
    33品目(令和元年12月現在)が「最上伝承野菜」として認定されています。

    Information

    最上総合支庁 農業振興課
    TEL : 0233-29-1316
  • 原木なめこ

    真室川町


    原木なめこ

    山形県の原木なめこは全国トップクラスの生産量を誇っており、中でも真室川町は生産量で県全体の約三分の一を占めています。豊かな森林に恵まれブナやコナラ等の原木が確保され易い環境、なめこ栽培に適している気候などから真室川町は“原木なめこのふるさと”と称されています。

    Information

    真室川町企画課
    TEL : 0233-62-2050
  • 馬肉料理


    馬肉料理

    古くから馬の産地であった最上地方。昔は農耕馬として生活をともにし、馬が家にいるのが当たり前だった時代がありました。農耕馬は田畑で働く中で足がつぶれてしまうことが多々あったようで、その際はそれまでの感謝の意を込めて余すことなく食するというありがたみの食文化がありました。これによりアキレス腱やスジ肉、モツといった部位が煮込み料理で食され、家庭ではお祝いごとのハレの料理、居酒屋などでは定番のお酒のあてとして定着しています。「馬刺し」が食されるようになったのは新庄では昭和40年代と言われています。これは当時流行したテレビドラマが九州を舞台にしたもので、劇中によく馬刺しが登場したからなんだと市内の老舗のお肉屋さんから聞きました。
    馬刺しをはじめ馬肉料理は市内の精肉店で取り扱うほか、居酒屋でも食することができます。

    Information

    新庄・もがみの精肉店、または居酒屋などで食べられます。
  • 納豆汁


    納豆汁

    新庄最上の冬の定番料理である納豆汁。正月や七草の時期に多くの家庭で食べられる郷土料理です。秋田県や岩手県の一部にも味噌汁に納豆の入った同名の郷土料理がありますが、新庄最上では納豆を丁寧にすり潰すことが特徴です。この工程により、納豆由来のとろみが出て旨みとコクが引き立ちます。具材にはなめこや山菜(ワラビ・ウド)、芋がら(里芋の茎を干したもの)など、各家庭で数種類の具材を入れて作ります。新庄最上では昔から納豆も春に積んで保存しておいた山菜も冬場の貴重な保存食でした。そんなありがたみの食文化を体現する一品。芯から冷えた身体も温まり、寒さの厳しい冬のもがみの食卓には欠かせない一品です。
    市内の納豆メーカー篠原商店さんからはすりつぶした状態の納豆汁用の納豆が販売されています。また、普段の味噌汁に入れるだけで納豆汁を味わえるフリーズドライ納豆もおすすめです。

    Information

    もがみ物産館
    TEL : 0233-28-8886
  • きのこしゃぶしゃぶ

    鮭川村


    きのこしゃぶしゃぶ

    「きのこ王国」鮭川村で特産のきのこを使ったきのこしゃぶしゃぶが食べられます。えのき・舞茸・トンビ舞茸・椎茸・しめじ・なめこ・山伏茸等が入り、オリジナルのタレ3種(唐辛子ベース・ゴマダレ・ポン酢)で召し上がれます。ベジタリアン(菜食主義者)対応します。特製スープに湯通しして食べるきのこは違う食感が楽しめ、より素材の旨みを味わえます。

    料金:1人前1,500円(追加500円で豚肉かケーキセット付)
    ※3日前までの要予約

    Information

    鮭川村エコパーク
    TEL : 0233-55-4455
  • ジャンボマッシュルーム

    舟形町


    ジャンボマッシュルーム

    地元の稲わらに大豆の絞りかす等の有機肥料を入れ培養床で大切に育てられたマッシュルーム。添え物として使われる事が多かったマッシュルームですが、料理の主役として多くの有名レストランや一流シェフから高い評価を得ています。肉厚なため料理の主役としてや、生でも食べられるのでサラダや、焼いたり炒めたりといろいろ楽しめます。

    Information

    ㈲舟形マッシュルーム
    TEL : 0233-32-8064
  • 食用ほおずき

    鮭川村


    食用ほおずき

    オレンジがかった黄色で、観賞用のほおずきと見た目は似ていますが、食べてみると独特の食感と味です。生で食べると甘酸っぱくフルーティな美味しさが口に広がります。ジェラート、ジャム等のスイーツ加工されている商品も販売されています。

    Information

    鮭川村エコパーク
    TEL 0233-55-4455
  • もくず蟹


    もくず蟹

    最上川流域ではモクズガニは昔から郷土料理として食されてきました。 濃厚な川蟹の旨みが凝縮された蟹汁は感動の味です。

    Information

    最上峡芭蕉ライン観光株式会社
    TEL : 0233-72-2001
  • ごぼう菓子

    金山町


    ごぼう菓子

    金山町発祥の特産品。生産者によって名はさまざまですが、見た目も味付けもうなぎの蒲焼きに似ていることから、「畑のうなぎ」という名もつけられています。蒸したごぼうをたたいて伸ばし、油で二度揚げすることでサクサクの食感に。蒲焼き風のたれをからめて味付けされており、地元ではお茶請けなどに出されます。

    Information

    ちょうほう屋
    TEL : 0233-52-2501
  • 米の娘(こ)ぶた

    金山町


    米の娘(こ)ぶた

    「米の娘ぶた」は、自然豊かな金山町にある「金山最上牧場」で誕生しました。国産飼料用米とホエーを食べて育った「米の娘ぶた」の肉質は、大変柔らかく脂の甘みが際立つ味わいが特長です。

    Information

    大商金山牧場
    TEL : 0233-32-1529
  • 松原鮎

    舟形町


    松原鮎

    町の中を流れる小国川は、生活排水が入らず鮎を代表とする川魚の宝庫です。生活排水が入らず、餌となる苔も豊富な為、ここの鮎は『松原鮎』と呼ばれ、昔、殿様が食べる鮎として禁猟区で大切に育てられていました。後年、明治天皇御巡幸の折にも献上されその品質を受け継ぐ鮎を求め、夏から秋にかけて全国から訪れる釣り人達の姿は季節の風物詩となっています。最高の環境で育った『松原鮎』は泥臭さがなく、形、香り、味と三拍子そろい絶品です。

    Information

    舟形町観光物産センターめがみ
    TEL : 0233-32-3302
  • 雪うるい


    雪うるい

    先行して取り組まれていた促成たらの芽を補完する品目として平成7年頃より栽培が始まり、白さと柔らかさを強調した「雪うるい」は、光を遮断しながら育成することで生産し、生でも美味しく食べられる野菜として注目を集めています。

    Information

    JAおいしいもがみ
    TEL : 0233-32-1511
  • 大蔵村産トマト

    大蔵村


    大蔵村産トマト

    夏秋トマト栽培は昭和50年代から大蔵村を中心に始まり、現在ではトマトの生産量が県内1位を誇っています。大蔵村産トマトはミネラル成分が豊富で果汁が多く、どっしりとして甘いのが特徴。寒暖の差が激しい大蔵の気候で産まれたトマトです。

    Information

    JA山形もがみ
    TEL : 0233-34-3232
  • 最上産アスパラガス

    最上町


    最上産アスパラガス

    最上町でのアスパラガスの栽培は、徹底した土づくりからスタートします。日本海と太平洋に注ぎ分ける分水嶺もあり、良質な水にも恵まれて育つ最上町のアスパラガスは太くてみずみずしいと評判です。

    Information

    最上町農林課
    TEL : 0233-43-2111
  • たらの芽

    真室川町


    たらの芽

    真室川町はたらの芽の生産量と販売量において、全国でもトップクラスです。たらの木は、ウコギ科の落葉低木で、その芽がたらの芽です。天ぷらが代表的ですが、茹でたり和え物にしても美味しくいただけます。ほのかなほろ苦さが独特で人気です。

    Information

    JA真室川町
    TEL 0233-62-2326
  • メープルソフト

    金山町


    メープルソフト

    金山産メープルを使用したメープルソフトクリーム「楓華」。なめらかな舌触りと優しい甘さが特徴です。 街並み散策の休憩に食べるのがおすすめです。マルコの蔵、レストランフォレストで食べることができます。

    Information

    グリーンバレー神室振興公社
    住所 : 金山町有屋1400
    TEL : 0233-52-2240
  • いがら餅

    金山町


    いがら餅

    金山町のお土産として有名な「いがら餅」。 笹の葉の上にモチッとした黄色の餅。中にやわらかな甘さの餡子。目にも優しい素朴な金山の味です。

    Information

    神沼商店
    TEL : 0233-52-2156
  • ジェラート

    金山町


    ジェラート

    金山の伝承野菜である「漆野いんげん」、金山町で生産しているいちご「サマーティアラ」と「ラズベリー」の三種の味があります。
    素材の味を存分に生かしたジェラート、町内外を問わず人気の商品です。

    Information

    マルコの蔵
    住所 : 山形県最上郡金山町大字金山363
    TEL : 0233-32-1212
  • くるみまんじゅう

    金山町


    くるみまんじゅう

    金山町のお土産として人気の商品のうちの一つ。手作りのくるみまんじゅうは優しい甘さが口に広がります。

    Information

    岸伝八商店
    住所 : 山形県最上郡金山町大字金山
    TEL : 0233-52-2058
  • お抹茶とお茶菓子

    金山町


    お抹茶とお茶菓子

    毎週日曜日の10:00-15:00の間、蔵史館でお抹茶とお茶菓子の接待を600円で行っています。街並み散策の休憩、いっぷくしませんか?

    Information

    蔵の会
    TEL : 0233-52-2480
  • わらび餅

    金山町


    わらび餅

    もちもちとした食感ととろりとした舌触りが特徴の米屋のわらび餅。ぜひ一度ご賞味ください。

    Information

    栗田米穀店
    TEL : 0233-52-2814
  • 米の娘ぶたドック

    金山町


    米の娘ぶたドック

    フランスパンに米の娘ぶたと野菜を挟んだドック。テイクアウトも可能です。

    Information

    マルコの蔵
    TEL : 0233-32-1212
  • きのこラーメン

    鮭川村


    きのこラーメン

    産直さけまるくんのレストランにて、鮭川村産のきのこを使った特製「きのこラーメン」が食べられます。
    ほかにも、最上地域で人気のとりもつを使用したラーメンもありますのでぜひご賞味ください。

    Information

    産直さけまるくん
    住所 : 最上郡鮭川村大字川口271-2
    TEL : 0233-55-4460
  • パプリカ

    戸沢村


    パプリカ

    戸沢村で栽培されたパプリカは肉厚で糖度が高いのが特徴です。サラダや天ぷらにしてもおいしいです。

    Information

    戸沢村観光物産協会
    TEL : 0233-72-2110
  • 山形さくらんぼ鶏

    新庄市


    山形さくらんぼ鶏

    新庄最上のブランド鶏「山形さくらんぼ鶏」は、自然豊かな最上地域で県産の飼料米とさくらんぼの果汁を加えた餌で生育されています。脂質を減らしても肉の旨味をしっかり感じるジューシーな肉質が特徴です。
    直営店の鶏や新庄駅前店では精肉のほか、スモークチキンや無添加照り焼きチキンなどの加工品もおすすめです。また、鶏やは立ち飲み屋としても営業しており、こだわりのさくらんぼ鶏料理が人気です。

    Information

    鶏や新庄駅前店
    TEL : 0233-32-0531
  • Shinjo ii-nya FOOD

    新庄市


    Shinjo ii-nya FOOD

    「Shinjo ii-nya FOOD」とは、雪国だからこそ残った生活の知恵、手業、保存技術。そして豊作を祈りつつ、食材を残さず調理する「ありがたみの食文化」を継承していくためのブランドです。
    現在のラインナップは、おかず味噌(なんば、にんにく、ねぎ、ふきのとう)、しそ巻き、あんこ屋さんの黒豆茶など新庄産の農産物を原材料とした加工品が勢ぞろい。これまで受け継がれてきた食文化を丸ごとパッケージし、現代の消費者の需要にマッチするよう磨き上げを重ねています。新庄でしか味わえない懐かしい味を堪能できます。

    Information

    もがみ物産館
    TEL : 0233-28-8886

    新庄とまとプラス
    TEL : 050-3774-6465

    産直まゆの郷
    TEL : 0233-23-5007

この記事をシェアする

ページトップへ