公式SNS始めました!

お気に入りリスト
Pickup

東北のへそ

1. 「東北のへそ」とは

東北の中心部に位置する、山形県最上地域、宮城県大崎地域、秋田県雄勝地域のこと。この「東北のへそ」には、隠れた名所・名物がいっぱいです!

公式Instagram

〇山形県最上地域

山形県の北東部に位置する最上地域。山々に囲まれ、「最上川」が山峡をゆったり流れる雄大な自然が魅力です。
白壁の風情ある街並み、歴史ある温泉地、どこか懐かしい景観にほっとさせられます。
全国有数の豪雪地帯でもあり、雪を眺めながら温泉につかったり、雪遊びをしたり、冬のアクティビティもおすすめです。
また、ユネスコ無形文化遺産に登録された「新庄まつり」は、絢爛豪華な山車と勇壮なお囃子で東北の夏を締めくくります。

【新庄市・金山町・最上町・舟形町・真室川町・大蔵村・鮭川村・戸沢村】

AMAZING MOGAMI Instagram

〇宮城県大崎地域

宮城県の北西部に位置する大崎地域。大崎市にある「鳴子温泉郷」は源泉100%かけ流しで、8種類の泉質を楽しむことができます。
「鳴子峡」は、深さ100m、鋭く切り立つ岩肌と新緑や赤と黄色の紅葉で美しく染まる景色が自然の雄大さを感じさせてくれます。
また、当地域は「持続可能な水田を支える大崎耕土の伝統的水管理システム」により世界農業遺産に認定され、その豊かな田園地帯から育まれる米や大豆などの農作物、酒・味噌といった伝統的な発酵食品などの豊富な食材は、わたしたちのおなかを満たしてくれます。

【大崎市・色麻町・加美町・涌谷町・美里町】

アイラブオオサキ Facebook

〇秋田県雄勝地域

秋田県の南部に位置する雄勝地域。秋田の名産品「稲庭うどん」や、日本三大盆踊りの一つ「西馬音内盆踊り」、歌人・小野小町の生誕地として知られています。
岩手・宮城との県境にある栗駒山の紅葉は、錦色の絨毯を広げたように見事であり、ふもとの小安峡は谷底の断崖の裂け目から吹き上げる湯けむりに満ち、雄大な自然を満喫できます。
最近では、発酵文化も注目され、湯沢市内の昔ながらの味噌・醤油、日本酒の蔵元の見学も人気を集めています。

【湯沢市・羽後町・東成瀬村】

美ちしるべ Instagram

〇「東北のへそ」観光ガイドブック

2.「『東北のへそ』フォトコンテスト2024冬」開催中!

応募概要はこちらからご覧いただけます。

令和5年度の「東北のへそ」フォトコンテストは四季毎に開催します!

今回は、その第4弾!「冬」シーズンとして、2024年1月15日(月)から 2024年2月29日(木)まで、 「#へそコン2024冬」の付いた投稿を募集しています。

「東北のへそ」公式Instagramにおいて、リポストされた応募作品の中で、皆様からより多くの「いいね!」を獲得した1作品には、「東北のへそ大賞」として   20,000円相当のプレゼントを贈呈します。 また、「東北のへそ大賞」の他、各地域賞(5,000円)や、いいね賞(1,000円)などもご用意しています。

自然や風景、食など、みなさんの好きな「東北のへそ」を投稿しよう!

たくさんのご応募、お待ちしています!

「東北のへそ」公式Instagramはこちら!

3.第2回「東北のへそ」フォトコンテスト2022

第2回「東北のへそ」フォトコンテスト2022は、12月31日に応募終了となりました。
入選作品は以下のとおりとなりました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

4.第1回「東北のへそ」フォトコンテスト2022

第1回「東北のへそ」フォトコンテスト2022は、8月31日に応募終了となりました。
入選作品は以下のとおりとなりました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

5. 第2回「東北のへそ」フォトコンテスト2021

第2回「東北のへそ」フォトコンテスト2021は、12月31日に応募終了となりました。
入選作品は以下のとおりとなりました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

6. 第1回「東北のへそ」フォトコンテスト2021

第1回「東北のへそ」フォトコンテスト2021は、9月30日に応募終了となりました。
入選作品は以下のとおりとなりました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

この記事をシェアする

ページトップへ